作物の栽培方法

ホウレンソウの特徴と育て方とは #野菜の栽培方法

作物の栽培方法

栄養素が豊富なホウレンソウは、虫などの被害も少なく、家庭菜園でも比較的に初心者向けの野菜となっています。

そんなホウレンソウの特徴と育て方を紹介します。

ホウレンソウの基本情報

学名Spinacia oleracea L.
別名ホウレンソウ
英名Spinach
原産・生産地中央アジア
属性ヒユ科ホウレンソウ属

ホウレンソウは、ビタミンA、ビタミンC、カロテン、鉄、カルシウム、マグネシウムなど多くの栄養素を含み、栄養価がとても高い緑黄色野菜となっています。

なお「ほうれん草」とも表記します。

ホウレンソウの栽培時期

1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
春蒔き
秋蒔き
(一般地を基準にしています)○:種まき □:収穫

ホウレンソウは暑さに弱いため、春蒔きか秋蒔きをすることで栽培することが一般的です。

寒さには強く、0℃以下でも耐えることができ、また、冷え込むと軟らかくなり味がよりよくなることから、旬は冬となります。

これにより、夏の暑い時期以外を除いてほぼ1年じゅう栽培することができます。

また、秋蒔きで、9月から11月の間で時間差で種まきをすることで、長い期間収穫を楽しむことができます。

酸性の土壌はあまり適さず、pH6~7あたりが栽培に適した酸度となります。

ホウレンソウの栽培方法

種まき

幅が60cm程の畝を作り、その中で30cmくらいの中に種をバラまきにします。

その後、軽く土をかぶせ水をたっぷりと与えます。

間引き

本葉が2〜3枚出てきたあたりで、混み合っている部分を抜いて、株間が5cmくらいになるように間引いていきます。

草の丈が7〜8cmになったあたりで、株間が10cmくらいになるように2回目の間引きを行います。

2回目の間引きのタイミングで、追肥を行います。

収穫

種まきから30〜40日くらいで、草丈が30cmほどになり、収穫時期を迎えます。

生育の良いものから順番に収穫していきます。

根っこがしっかり張っているので、そのまま抜くのではなく、ハサミなどで根本から切って収穫します。

その際、根本の赤みのかかった部分は味に優れて美味しいため、根部を1〜2cmくらい残して切ります。

ホウレンソウは、収穫後の新鮮なうちがとても美味しいので、おひたしや炒めもの、和えものにとても適しています。