畑栽培家庭菜園の記録

穴だらけの大根を収穫してみよう【ネキリムシ】

畑栽培

大根を栽培していてそろそろ収穫時期を迎えました。

今回の大根栽培は種からの地植えで種を蒔いて特になにかお手入れをしたかと言うと、土が乾いてきたら水を上げる程度で、基本的にはあまり手をかけないで栽培しました。

大根は比較的栽培がしやすい野菜の一つだと思います。

ところが、いざ収穫してみると虫食いのあとがかなりあり、穴だらけになってしまっていました。

今回はそんな穴だらけの大根の収穫の模様を公開していこうと思います。

大根の様子

畝を2本作り、マルチシートを敷いたり、トンネルを張ったりはせず、それぞれに6箇所種を蒔いて地植えをしました。

時々土の乾燥状態を見て、乾いていたら水をあげる程度の手の加えようで、基本的に放置気味で栽培していました。

それでも意外と育つもので、葉の量や勢いはあまり感じられませんが、それでも無事、収穫時期を迎えました。

なので、大根を順次抜いていくことにしました。

穴だらけの大根の収穫

ところが、いざ収穫しようと大根の様子を見てみると、なんだか虫に食われたかのように、土から出ている頭の部分がかじられたようになっていました。

こちらの大根も同様に、かじられた跡、更には、穴があるのがわかります。

その他の大根も同様で、土から出ている部分の大半はこのように虫食いの跡が見られました。

とりあえず大根の収穫を行いました。

意外と立派にできていて、土を洗い落としてみると、きれいな白色をしていて、この出来は正直自分でも驚いているのですが、なんといってもこの穴だらけの様。

一体、この穴を開けた正体は何だったのでしょうか。

大根に穴を開けた正体

大根を処理しようとキッチンで隅々まで洗っていると、なんとこんなヤツが出てきました。

こいつの正体はおそらく「ネキリムシ」だと思われます。

ネキリムシについてはこちらで紹介しています。

ただし、ネキリムシは苗の頃に地ぎわで噛み切られてしまう害虫の為、ここまで成長した大根に穴を開けたのかというとなんとなく疑問に思いますが、実際ネキリムシが出てきたのでそうなんでしょう。

やはり対策はトンネルを張るとか、大根の頭が土から出てきたら土寄せして隠すなどをするのがいいのでしょう。

とはいえ、なかなか立派な大根が収穫できたのではないでしょうか。