コラム

ワークマンで決まり!畑作業のファッションを揃えよう

コラム

畑で作業をするにあたり、土を耕したり雑草などを除去したりします。

例えば、土を耕す場合には、普通の運動靴だと土が靴の中に入り込んだり、石やゴミを踏んだ場合などに足元の悪い土の上であれば怪我する恐れがあります。

草むしりでも、素手でやると汚れるのはもちろん、やはり怪我をするリスクがあります。

畑などの外で作業をする際は、それに適した格好は必要だと思います。

今回は、そのような外での作業のための製品を扱う「ワークマン」で購入したものをいくつか紹介します。

管理人
管理人

ワークマンで購入しました

ワークマンとは?

ワークマンとは主に、現場のプロが使用するような作業着等の商品を取り扱っている専門店です。

プロが使うものなので、安全性や快適性を、普通の衣料品以上に考えられたものを揃えています。

このことより、主に専門的な人たちが利用することが普通でしたが、最近はおしゃれな品やアウトドアの商品も増えてきており、現場のプロだけではなく、若者や女性も利用する人たちが増えてきています。

畑を作るにあたって、少しアウターにも気を使いたい、そう考えた場合に、まさにワークマンは最適だと思います。

ワークマンファッションその1 足元を守る

ACT(アクト)ブーツ グリップモデル

長靴は基本ですね。

足が直接汚れることもなく、また、膝近くまで胴部分が長いため、足に何かが跳ねたり当たったりしても怪我を防止することができます。

足底も厚くなっているので、固いものなどを踏んでしまっても大丈夫です。

ポリ塩化ビニルでできているため、汚れても履いたままでも水で洗い流せます。

また、少し細めのシルエットなので、見た目的にもおしゃれかと思います。

ワークマンファッションその2 手を守る

匠の手 天然ゴム薄手背抜き手袋

手のひら部分がゴムでコーティングされているので、物を持ったり、掴んだりしても滑りにくくなっています。

また、軍手とは異なり、手にフィットするサイズ感なので、ずれたり外れかかったりしない為、細かい作業がとてもやりやすいです。

手のひら部分はゴムコーティングですが、手の甲部分はゴムコーティングではないため、通気性もよく、長時間はめてても蒸れにくくなっています。

ワークマンファッションその3 腰回りを守る

撥水ツイルフィールドエプロン腰下

エプロンはもしかしたら必須ではないですが、なんと言ってもつけているとなんとなくカッコいいかな思い購入しました。

とはいえ、エプロンをつけていると腰回りの汚れや怪我を防止できると思います。

撥水加工も施しているため、多少、水が跳ねても弾いてくれます。

また、ポケットもついているので、ちょっとした小物を入れておくことができます。

自分は写真を撮ったり、アプリを使うためにスマホを入れています。

ワークマンでファッションも楽しもう

いかがでしたでしょうか?

長靴や手袋などのアウターは、機能面、性能面はもちろんですが、今はファッション性も考えられています。

そのため、見た目にもこだわると、外の作業の楽しみがいつもより増すのではないでしょうか。