畑栽培家庭菜園の記録

ナスの苗を畑に植えて栽培してみよう

畑栽培

夏野菜の定番のナスは、夏の暑さにも強く、また雨にも比較的強いため、家庭菜園でもよく栽培されています。

管理人
管理人

夏野菜の代表格のナスを育てよう!

今回は、そんなナスを苗から育ててみたので、栽培方法をシェアしていきたいと思います。

ナス(なす・茄子)とは

ナスとは、ナスニンと呼ばれる紫の色素の皮を持つ野菜です。

煮物や天ぷら、漬物と幅広く使える食材で、特に油との相性がよく、揚げ物や炒め物に向いています。

栽培するにあたり、ナスは日当たりのよい場所を好み、日照時間が長く、日射量が多いほど収量も多くなります。

「ナスは水で育つ」といわれるくらいで、水が不足すると、生育が悪くなってしまいます。

種まきから栽培を始めた場合、定植期までにおよそ60〜80日ほどかかるため、初心者などは苗を購入して栽培を始めたほうがいいかと思います。

ナス栽培の苗を購入

今回畑で栽培するナスの種類は千両2号というナスを選びました。

千両2号は、ナスの栽培の代表品種で、品質がよい長卵形のナスになっています。

スーパーや八百屋で夏の暑い時期に、いちばん出回る品種のようです。

ナス栽培の畝を作る

今回は、1条で栽培するために、畝幅が90cmの畝を作ります。

この畝に株間50cmほどで栽培していきます。

ナス栽培の畝にマルチを敷く

夏に向けて栽培する為、雑草の予防や土壌の保湿目的で、作成した畝にマルチを敷きます。

風でバタつかないよう、マルチシートの端をしっかりと土で抑え、上には石を置きます。

敷いたマルチに株間50cmになるように穴を開けておきます。

この穴に、購入したナスの苗を植えていきます。

ナスの苗を植える

購入したナスの苗を、マルチに開けた穴に植えていきます。

植える際は、ポットの土が完全に埋まるように土に穴を開けておきます。

ナスの苗をポットから出すときは、土が崩れないようしっかりとポットから出します。

ナスを植えた後は、風などで苗が倒れたり折れたりしないように、支柱に苗を誘引します。

誘引する際は、苗や茎を傷つけないようにするために、ひもを8の字にするように縛るといいです。

ナスの苗を植え、支柱による誘引が終わったら、最後に水をよくあげておきます。

ナスは水不足になると生育が悪くなるため、土が乾燥気味にならないように気を付けていきます。

ナス栽培の苗植えまとめ

いかがでしたか?

夏野菜の定番で家庭菜園でもよく栽培されているナス。

種からの栽培は少しハードルが上がりますが、苗からであれば容易に栽培を始められるので、栽培にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

ナス栽培の苗植えのその後

ナスを苗から栽培して無事収穫することができました。

その様子を紹介します。